AppleStoreU.SからUE900(イヤホン)を個人輸入

LINEで送る
Pocket

注)この記事は画像含め、長いです。個人輸入してみたいって方はとりあえず読んでください。一通り見てからのほうが省略できるところもあると思いますので。

個人輸入に関する記事はこちら
海外から個人輸入をするとこんなに安く買えるんですよ!

購入から家に届くまでの手順

0,口座・カードの準備
①転送業者を選び、会員登録
②AppleStoreUSから注文
③転送業者のサイトから転送依頼を出す
④注文確定メールを転送業者へ送る
⑤届くまで待つ

支払いに海外決済対応のカードを持っていない

まず最初に確認してほしいのが、ショッピングサイトでの決済方法です。
Paypalに対応していれば、基本どのクレジットカードでも決済ができますが、非対応の場合は使えるカードが限られてきます。

学生でクレジットカードが持てない人や、クレジットカードを増やしたくない方にデビットカードがお勧めです。
デビットカードとは口座の残高がある分だけVISAを使用することが出来るカードのことです。
使用できるのはVISAのマークがついているお店全てです。
分割支払いは基本的に不可能なので一括払いですが、使ったその場で引き落としになるのでクレジットカードより利便性はいいと思います。

ジャパンネット銀行の口座を持っている方はワンタイムデビットの使用をお勧めします。
ワンタイムデビットとは作成してから10日間有効で、1回だけ使用できるVISAカードです。
口座を持っていれば即座に発行できるので便利ですが、店舗での使用ができないので注意が必要です。
ワンタイムデビットについて

VISAデビットカードの作成を行う
一番いいと思うのはスルガ銀行のVISAデビットカードですかね。年会費無料ですし。
他にも楽天銀行やりそな銀行などがあります。
作成まで2週間ほどかかってしまうことがありますので先に作成している方がいいと思います。
VISAデビットカードについての詳細

転送業者って?

転送業者とは、国外への発送をしてくれないショップに代わって日本まで発送してくれる業者のことです。
中には購入代行もしてくれるところもあります。
今回はAppleStoreから購入ということで、日通の転送eペリカンを利用することにしました。
なぜ転送eペリカンを利用することにしたかというと、AppleStoreは転送業者への発送はキャンセルすることが多いのですが日通へは配送してくれるらしいです。
なので今回は転送eペリカンを選びました。
他に、有名なところでスピアネット等もあります。

転送eペリカンの会員登録

会員登録は現在新規での登録が出来なくなっていますので、会員からの紹介が必須になります。
なので、ここをクリックしてメールを送信して下さい。
※件名も本文も未記入で構いません。
自動返信で紹介情報が送信されます。
メールのリンクから転送eペリカンの会員登録を行います。
テキストボックスの隣に例文があるのでわかるかと思います。

AppleStore U.Sで行うこと

まずは会員登録なのですが、日本で使っているアカウントでも使用は可能です。
しかし後々に面倒な事になっても嫌なので新規アカウントを取得することをお勧めします。
※今回アカウントを作成するのは今後も利用する可能性があるためです。不要であればゲスト購入が可能です。

AppleIDの登録(飛ばしても構いません)

僕は今後もApple Storeを使うので、会員登録を行います。
ゲスト購入もできるので、1回しか使わないという方はこのステップを飛ばしてください。
まずは登録サイトへジャンプします。
開いたら、右下の青い「Create an Apple ID」ボタンをクリックして次へ進みます。

記入項目の詳細は画像にまとめています。(かなり大きいです)

記入漏れがなく、登録が完了すると次のようなメッセージが表示されます。

これの意味は「登録を完了するまではAppleIDを使用することは出来ない。すまないがメールを確認してもらえるかな?認証してくれたらアカウントが使えるようになるよ」ということです。

確認メールがくるまでのんびり待ちましょう。僕は30分程かかりました。
普通は1〜2分で届くみたいですよ。

メールにある【 Verify now > 】をクリックし、アカウントの確認を行います。
リンクを開くと、下の画像のようなログイン画面が出てきます。

確認に成功すると下の画像と同じ画面になります。

これの意味は「確認してくれてありがとう!これでアカウントは有効になったよ!」ということです。

用意するアカウントは基本この2つです。
あとは買い物を楽しむだけですが、支払方法が一番迷うと思います。

これで準備は整いました。

今回輸入する商品

欲しい商品はUE900というイヤホンです。
AppleStore – UE900

今回UE900をLgitech本サイトから購入しなかったのには理由があります。
・AppleStoreだと$12で翌日配送してくれる
これが決め手でしたね。

購入完了までの流れ

ざっとやり方を書いていきます。

①カートに商品を入れ、ZIPCODEを入力し、送料を確認する。
この際に、配送日数による特別配送料も確認できます。

今回は友人のと合わせて2つ購入します。OKであれば、Check Out Nowをクリックして次へ進みます。

②アカウントを使用して購入かゲスト購入かを選びます。先ほど作成したアカウントがあるので、ログインする流れで説明していきます。

③画像を見ながら「配送先」の情報を入力してください。
これは転送業者のページにログインしたところに書いています。

確認して、大丈夫であればcontinueをクリックし、次に請求先の記入をします。

④画像にも書いてありますが、請求先は日本の住所である必要があります。
しかし、AppleStoreではZIPCODEの入力をするとエラーで弾かれてしまいます。
日通転送eペリカンを利用の方は、配送先に記載した住所をそのまま使ってください。(日通に確認済み)
今回の支払いにはジャパンネット銀行ワンタイムデビットを使用しました。

本当に発送してくれるのだろうかという不安な気持ちとともにPlace Order Nowをクリック

⑤AppleStoreでの注文完了画面がでます。

とりあえず発送されるまで待ちましょう。
転送業者への連絡は、商品発送後のほうがトラブルを招くこと無く出来るので。

待っているとAppleStoreの素晴らしい対応に驚かされました。
注文してから2時間後に決済が完了し、発送しました。素晴らしい・・・
メールが来たのは昼過ぎでしたが、Web上で確認したらちゃんと発送されていました。

FedExすげー(°Д° )
この15時に届けるというのは、配送先の記載する画面で「This is a business address」にチェックを入れていたためだと思われます。

日通へ連絡

では、発送されたことも確認できたので日通に連絡をしましょう。
どこから買ったもので、何が届くのか。それは幾らで何個入っているのか。これをフォームに記載し転送依頼を出します。
画像を見ながらやるとわかると思います。

なぜこのような申請が必要なのかというと、簡易検品があるということ。
箱に穴が開いている、商品が異なる等があった場合に対応してくれます。不備があった場合は写真をメールで送ってくれるみたいです。
あとは関税関係ですかね。書類を作る必要があるみたいです。なので嘘をつかずに正直に全部書きましょう。

確認画面でしっかり確認してください。間違いなければ、転送を依頼するボタンをクリック。

ここで完了ではありません。もう1つやることがあります。
購入証明をメールで日通に送信する必要がありますので送信しましょう。

購入証明が問題なければ日通から受け取ったとのメールが来ます。

そして日通へUE900が届いて物品の確認が出来たことを証明するメールが届きます。

日本へ向けて発送

日通が日本へ向けて荷物を発送した際に、転送料の詳細メールが届きます。

続けて、発生した消費税と関税についてのメールが届きます。

そして商品がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

転送料は予想通りの金額でした。しかし、関税がかからなかったのはものすごく意外でした。
※家電製品は関税がかからないみたいです。
(wktk様コメントありがとうございました)

1万円以上のものにはつくんじゃなかったのかな。まぁタダならよかろう。
不思議なのが消費税。1800円の消費税ってなんですか?
わかんないけどまぁいいや・・・

宅配ドライバーに渡す金額は、転送料と消費税と関税になります。
今回の場合だとこうなります。
3024 + 1800 = 4824円

アメリカからならこの値段でも全然安いと思います。

結局のところ得したのか

しました!!
実はUE900は、日本の某密林でも売られているのですが、国内未発売のためプレミア価格で売られています。
(11月7日の時点で46000円でした)

送料が5000円弱しましたが、商品代金が32000円程度。
友人と送料は割り勘したので実際に掛かった購入費は34500円になります。
2013年春に発売なのが今手に入り、国内販売価格より安く新品が手に入ったはずなので大満足です。

実際にやってみてどう思ったか

日本で買うより安いし、手間もかからない。
非常に魅力的。慣れてしまえばどうということもないですね。
英語が全くわからない自分が海外サイトでの会員登録も難なく出来たので。
これからも個人輸入はやっていきたいと思います。

まとめ

注文から届くまでちょうど7日
やはり送料が高いので誰かと一緒に頼んで割り勘にしたほうがいいなとは実感しました。
他のところで気を付けるとしたら、支払い関係ですかね。
ジャパンネット銀行のワンタイムデビットには本当に助けられました。
1回だけ使えるカード番号というのは安心感も持てますので。

あとはショッピングサイト側での会員登録。
何回も使うところであれば登録したほうが便利ですが、ゲスト購入したほうが早いとこもあるかと思います。
サイト全てで登録してるといろいろ面倒だと思います(;´∀`)

長い記事を読んでいただきありがとうございました。
これを読んで「やってみよう!」と思われる方がいれば嬉しいです。

追記:
輸入時の価格比較はこちらを参考にしてください。
[個人輸入]世界各国のAmazon一括検索ツール「TAKEWARI」が超便利な件

関連記事

ピックアップ記事

  1. カメラのフラッシュを使用したほうが綺麗な写真が撮れると思っていませんか? それは間違い…
  2. 100%売上を上げる
    まだまだ体力のないショップ様にとって、どんな商品を仕入れるか、またはどんな商品を企画して作る…

ココロザシ運営サービス

合同会社ココロザシ

空港ラウンジ.com

OMIYA!

ネトビジ!

オデ速!

ノマド的節約術

オススメサービス

Feedly

follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 最近「安いものが以前に比べて、高いものが売れるようになった」ような情報をチラホラ聞くことが多…
  2. 楽天SEO
    今回は、楽天でSEOするための重要な要素である商品レビュー数を増やすための方法を考えてみたいと思…
ページ上部へ戻る