要注意!商品ページ用の写真のクオリティが高いことが使いやすいとは限らない件

LINEで送る
Pocket

写真 クオリティ

売れる商品ページの作成方法については以前にお話させていただきました。

【保存版】本当に売れるネットショップの縦長商品ページ作成の鉄則6つ

その中でも一番重要な”写真にこだわれ!”のところ。
商品ページ用の写真撮影で一番注意してほしいことがあります。

これは経験の浅いデザイナーさん、そしてカメラ業界に精通しているカメラマンさんほど重要かもしれません。
偉そうにすみません。

写真としてクオリティの高いものが必ずしもデザインで使いやすいとは限らない

カメラマンとしては当然、写真として素晴らしいものを撮影したいのは当然だと思うのですが、それが必ずしも、いい結果につながらない話。

1枚の写真としてのクオリティが高い場合、もちろんクオリティが低いに比べると何も言うことはないのですが、意外とデザインとしては使いにくいということがあります。

とくに写真の上に文字を置くことを考えるときに、あまりにも構図的に出来過ぎてて、文字をいれる隙間すらない!といったことがあります。
その場合は、写真はそのまま使用して、写真の隣にテキストを配置するようなアレンジをしたりしますが、これは本意ではなかったりします。

これってデザインのことを分かって撮影しているカメラマンと、単によい写真を撮影しようとしてるカメラマンで大きく差がでます。

どんなページを作るのか想定した上で、どんな写真を撮るかを決める

上記のようなことを防ぐためには、カメラマンがデザインのことを学ぶことももちろんですが、撮影前にデザイナー、もしくはディレクターの方がしっかりと作りたい商品ページLPのデザインのワイヤーフレームやラフ案を書いておくことが大切です。

そうすれば、デザイナーにとっても前もって写真以外の準備を進めることもできますし、あまりにも予想外の写真があがってくることもありません。

まとめ デザイナーもしっかり撮影にかかわる

経験の浅いデザイナーは素材ありきで物事を考えがちですが、決してそうではありませんよね?
自分で素材も作り出すことで、もっともっとデザインの精度があがることは間違いありません!

単にカメラマンの写真撮影待ち!となることだけはやめましょう!

守岡 裕志 (Hiroshi Morioka)合同会社ココロザシ 代表CEO

投稿者プロフィール

「合同会社ココロザシ」代表CEO。/自由に世界を旅しながら企業の売上をあげる経営者 コンサルタント&ノマドワーカー。150社以上の売上を100%伸ばす。毎日休みで毎日志事。毎月海外に行く生活も約3年/左利き/

詳しいプロフィールはこちら

★自社運営中サイト★

ココロザシ
仮想通貨など自分で生き抜くためにネットで稼ぐ! ネトビジ!
タレント・俳優・歌手・声優・モデル・舞台などのオーディション情報なら オデ速!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. カメラのフラッシュを使用したほうが綺麗な写真が撮れると思っていませんか? それは間違い…
  2. 100%売上を上げる
    まだまだ体力のないショップ様にとって、どんな商品を仕入れるか、またはどんな商品を企画して作る…

ココロザシ運営サービス

合同会社ココロザシ

ネトビジ!

オデ速!

オススメサービス

Feedly

follow us in feedly
ページ上部へ戻る