「高くても売れる」から値上げして大丈夫?本当の理由とは?

LINEで送る
Pocket

高くても売れる?

最近「安いものが以前に比べて、高いものが売れるようになった」ような情報をチラホラ聞くことが多いです。

その理由として”景気が良くなってきた”とか、”高級な商品が欲しい人が増えた”のように捉えた意見を聞きますが、果たして本当にそんな理由なんでしょうか?
ただ単に値上げするべきなのでしょうか?

ちょっと考察してみました!

今まで買い物で数多くの失敗をしてしまった

私も経験がありますが、広告でついつい衝動買いをしてしまったものや、安売りしているからと購入したものがあります。
でも、結局使い物にならなかった、すぐに壊れたとか、買う必要がなかった、ような経験ってありませんか?

デフレの時代にそういうビジネスモデルが増え、多くの人が失敗して痛い目にあったと思います。

高いものが欲しいわけではない。

何が正しい情報なのか判断もつかないまま、そんな失敗を繰り返した中で、みんな成長していきます。
何度も何度も失敗を繰り返しながら、どのように商品やサービスを選択すれば間違いない選択ができるのか?

私が言いたいのは、みんな決して”高いものが欲しいわけではない”ということ。

“もう二度と失敗をしたくない”だけなんです。

そのためにとる行動とはどんなことでしょうか?

できるかぎりの情報から”間違いない”と思える理由をさがす。

私なら失敗しない商品を探すために、お客様の声は徹底的に読みます。
また、ブログ記事などで評価されていないか?

いい写真やいい記事、なんとなく素敵そうで売り込みがないページなんかも好感度が高く感じるはずです。

またSNSなどで身近な方がおすすめしているとそれだけで”間違いない”と思います。

半額!でもまだまだココロが動きますが、今までとは違いませんか?

お客様に選んでいただくために、やるべきこと

あきらかにお客様の思考は変わってきているので、ショップ様としても取り組み方を変えていかねばなりません。
つまり過去の成功体験を捨てなくてはならないのです。

たいていのショップさんは、何か変えても小手先だけのものだったり、今までの延長線上でのものだったりで全然変化できてないことも多いです。
それをちょっとやってみて効果がないとまたまた同じことをやる。

これを繰り返しているから、圧倒的な成長は得られないのではないでしょうか?
一体どんなことをやっていくべきでしょうか?

・お客様に信頼していただくための”素直な”発信をする
・ホンモノのサービスを真面目に展開する
・競争という概念を捨てる

まさにテクニックに頼った一発逆転ではなく、まさに人柄を磨くようにショップの色を磨いていく、、、コツコツやっていくことが大事になってくるのではないでしょうか?
一発逆転を狙ってお客様を煽ったり、大幅な値下げ訴求をすると、一時的に動いてもきっとしっぺ返しが待っているような気がします。
値上げするにしてもただ単に値上げするべきではないことがわかるかと思います。

守岡 裕志 (Hiroshi Morioka)合同会社ココロザシ 代表CEO

投稿者プロフィール

「合同会社ココロザシ」代表CEO。/自由に世界を旅しながら企業の売上をあげる経営者 コンサルタント&ノマドワーカー。150社以上の売上を100%伸ばす。毎日休みで毎日志事。毎月海外に行く生活も約3年/左利き/営業、デザイナー、エンジニア募集中。

詳しいプロフィールはこちら

★自社運営中サイト★

ココロザシ
世界の空港のラウンジ情報サイト 空港ラウンジ.com
日本のおみやげデータベース OMIYA!
自分で生き抜くためにネットで稼ぐ! ネトビジ!
タレント・俳優・歌手・声優・モデル・舞台などのオーディション情報なら オデ速!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. カメラのフラッシュを使用したほうが綺麗な写真が撮れると思っていませんか? それは間違い…
  2. 100%売上を上げる
    まだまだ体力のないショップ様にとって、どんな商品を仕入れるか、またはどんな商品を企画して作る…

ココロザシ運営サービス

合同会社ココロザシ

空港ラウンジ.com

OMIYA!

ネトビジ!

オデ速!

ノマド的節約術

オススメサービス

Feedly

follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 最近「安いものが以前に比べて、高いものが売れるようになった」ような情報をチラホラ聞くことが多…
  2. 楽天SEO
    今回は、楽天でSEOするための重要な要素である商品レビュー数を増やすための方法を考えてみたいと思…
ページ上部へ戻る