料理を美味しく魅せる写真を撮る3つの方法

LINEで送る
Pocket

前回(あなたも1度や2度、写真に惑わされたことはありませんか?)少し触れていた、料理写真についてお話させて頂きますね。
料理写真のコツは、ズバリ言って、2つしかありません。

 

1. 色味をちょっとだけ赤っぽくする

これは、どちらかというと、青っぽく、緑っぽくしなければOKです。
なぜかというと、白っぽいライトの下では、どんなご飯もまずく見えます。

スーパー等でお肉を売っている棚のライト、あれも実は料理用の蛍光灯で、ちょっとだけ赤っぽくなっているんですね。
(確か5,000円くらいします。高いですね〜。)

また、分かり易い所でいうと、レジ横に置いてあるコンビニの総菜(フランクフルトとか、チキンとか)
を売っている棚、あれの色味って黄色いタングステンライトを使っていますよね?

温めるライトとは別にライトを入れているので良くチェックしてみて下さいね。

あれは、揚げ物が多く、茶色い物を多く取り扱っているので、黄色いタングステンを使っています。

料理を美味しく見せるには、その料理にあった色味がとっても大切な事を憶えておいてください。

でも、白と緑は御法度ですよ!

 

2. 背景を飛ばす

これはちょっとした技術が必要になってきますが、
背景を飛ばすと、目が料理に集中するようになります。

料理写真のガカクって、斜め前から撮る事が多いと思います。
フルコースで言うと、手前にメインディッシュ、そしてスープやサラダがその後ろに並ぶ形になると思いますが、実はとっても奥行きのある写真なんですね。

そして、その奥行き感が、心理的に、見ている人を混乱させてしまいます。
どれを見たら良いのかが分からなくなって、結局どれが美味しそうなのかが分からなくなる。

そうなると、全体的な印象として弱くなり、結果、美味しそう〜!
っとはならないんですね。

だから、背景を飛ばす、もしくはぼかす、フルコースで言うと、サラダはぼけてても、
飛んでても問題ないと思います。

そうする事で、目がメインディッシュに集中してくれるので、印象が強く、美味しそう
な気持ちになります。

 

3. 全体を写すのではなく、アップで攻める!

お皿にもこだわりがある、テーブルクロスも写したい!
など、欲がでてしまって、結果、大きなガガクで、伝わりにくい写真、
になってしまっている料理写真を良く見かけます。

でも、それでは意味ないですよね。

だって、一番伝えたい事は、料理の美味しさでしょ?

だから、ここは思い切って、料理のみのアップで行っちゃいましょう!
その際のバランスはセンスですよ!

色々な本、カタログをみて勉強してみてください!!!

守岡 裕志 (Hiroshi Morioka)合同会社ココロザシ 代表CEO

投稿者プロフィール

「合同会社ココロザシ」代表CEO。/自由に世界を旅しながら企業の売上をあげる経営者 コンサルタント&ノマドワーカー。150社以上の売上を100%伸ばす。毎日休みで毎日志事。毎月海外に行く生活も約3年/左利き/営業、デザイナー、エンジニア募集中。

詳しいプロフィールはこちら

★自社運営中サイト★

ココロザシ
世界の空港のラウンジ情報サイト 空港ラウンジ.com
日本のおみやげデータベース OMIYA!
自分で生き抜くためにネットで稼ぐ! ネトビジ!
タレント・俳優・歌手・声優・モデル・舞台などのオーディション情報なら オデ速!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. カメラのフラッシュを使用したほうが綺麗な写真が撮れると思っていませんか? それは間違い…
  2. 100%売上を上げる
    まだまだ体力のないショップ様にとって、どんな商品を仕入れるか、またはどんな商品を企画して作る…

ココロザシ運営サービス

合同会社ココロザシ

空港ラウンジ.com

OMIYA!

ネトビジ!

オデ速!

ノマド的節約術

オススメサービス

Feedly

follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 最近「安いものが以前に比べて、高いものが売れるようになった」ような情報をチラホラ聞くことが多…
  2. 楽天SEO
    今回は、楽天でSEOするための重要な要素である商品レビュー数を増やすための方法を考えてみたいと思…
ページ上部へ戻る